読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はすお/独創!

自分自身で気づいたこと・思ったことや、興味を持ったことについて思ったことを書いていくブログです!

なぜ自分は最近まで仕事が全く楽しくなかったのか分析してみた。

自分は最近まで仕事がまったく楽しくなかった。(最近まで)

だから、少しでも仕事をより楽しくできるように分析してみた。

 

【目次】

 1,正直な気持ちで仕事を選んでいない

正直な気持ちで仕事を選んでいない。まず、ここに原因があるのではないのだろうか。お恥ずかしい話、僕は就活の時は福利厚生を重視して選んで失敗し、転職では自分にできそうな仕事を重視して選んで失敗し、現在に至る。働いている最中に、「何やっているんだ俺は?」となっているのだが、何も取り柄もないので身動きが取れずにいる。

もし、もう一度就活ができるのであれば、できなさそうなことであっても勇気をもって飛び込んでいただろうと妄想している。

だが、そんな自分に「じゃあ、今からやればいいじゃん」と突っ込んでいるが、

現実問題、いろいろなことに挑戦してきていないことが仇となって、やりたいことが未だにわからない。怠けずに行動を起こせばよかった・・・

やってみよう!と挑戦心が必要なのだろう。このブログもそんな自分を変えたくて挑戦したものの一つである。

少しでも現状を変えるべく、こんな自分でも自分なりにもがいている。

 

2、自分の現状を認めない

 「自分は何をやっているんだろう?」「本当はこんな人生じゃなかった」、今の仕事をしながら思うことである。 今まで自分と向き合わずに楽をしてきた結果なのに、未だにこんなことをボヤいている。 

だが、自分の足元を見ると間違いなくその地面に直立しているので自分の今の職場が自分のレベルで、それが現状なのだろう。

自分の経験上、こんなことを続けても、いつまでたっても自分と向き合えず一年、二年、三年と過ぎていく。ていうか過ぎていっている。残るのは後悔だけ!偉そうには全く言えない身分だけど、これを続けているのと振り返った時に何もないので、今すぐやめることをお勧めします。(偉そうにすいません)

だから、今ある仕事を全力で行う、

少しでも頭を使って創意工夫をしてみる、つまり今できることをやる。

現在、その思考で仕事を行っている。まだ、集中力はすぐに切れるし、たまにマイナス思考になってしまうけれど、前より仕事が楽しく一つ一つ本当に小さいけれどステップを踏めている実感が持てるようになった。

3、自分に自信がない

 これは、自分でもすごく心当たりがある。成功体験が一つもない。だから、「どうせ俺なんて~」とすぐにやる気を失せてしまう。 だから、そのマインドをまずは捨ててみる。 何もない自分の中でも一つできないことが減ったり、怒られてもへこまなかったり、本当に小さな小さな成功したことだけれど、「自分もできるじゃん!」と思うようにしている。最初は、すぐにマイナス思考に戻ってしまうけれど(今までやっていて癖になっているだけ)だんだんプラス思考の癖がついてくるようになる。そうすると、自分ができたところに気づくようになる。

今現在、僕には本当に小さな小さな成功しかないけれどそれを積み重ねることを目標に頑張っている。

4、本気になっていない

本気になっていない。本気になるが自分ではいまいちよくわからない。 でも一つ言えるのは前の会社を辞めた時も、公務員試験の勉強を辞めた時も、何か後ろめたさみたいなものがあった。友人や親は「がんばったね」と言ってくれるけれど、素直に喜べない。その原因は辞めたからとか試験に落ちたからではない、別の何かだとずっと引っかかっていた。

最近、その正体が夢中になって本気でやっていないからだとわかった。 やっていても達成感が何もない。現状がまさにそう。

未だに、「今日も本当はもっとできたのではないか?」とか「頑張りが足りないのではないか?」と思っていしまう。

僕がもし本気で取り組めるようになった時、次のステップへと行けるようになるのかな?

 

 

今のレベルではこのくらいしか思い浮かびません。

ですが、少しずつですが仕事が楽しくなっています。

もっと、自分のために努力をして、いつか自分と同じ境遇の人に有益なことを書けるように頑張ります。